スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイブスター物語 (13)


永野 護
1404 円


12巻の発売から9年以上経っての13巻ですよ!

単に前巻から時間が経っただけでなく、いろいろなものが大きく変化しております。ありえません (;´Д`)

たとえば、これまで「モーターヘッド」と呼ばれていた巨大な人型兵器が、「ゴティックメード(GTM)」という名前に変わっております。あわせて、デザインも大きく改悪されました。ぶっちゃけ、ものすごくカッコワルくなりました。見慣れてないせいか、どの個体が以前のどれに相当するのか分かりづらくなっています。GTMになったことで、固有名詞もほぼ全変更ですね(例:バッシュ→ダッカス)。その他、職業名やら生物名(例:ドラゴン→セントリー)やら、いろいろと変わりました。

もう30年近く連載されている作品ですから、作者さんも飽きてしまったのかもしれません。そう考えると、今回の大きな変化も、メガ盛りを食べるときの味変みたいなもんかなあという気がしないでもありません。

神様が人間のフリをして好き勝手する物語ですから、作者も好き勝手するというのも超アリでしょう。文句言ったり、密林で★1個つけたりしてる人たちも、だからといって読むの止めたりはしませんし。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

ダンジョン飯 1

紙版
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 1巻
(ビームコミックス)

(2015/01/15)
九井 諒子

電子版
ダンジョン飯 1巻ダンジョン飯 1巻
(2015/01/15)
九井 諒子


グルメ漫画? だって、毎回レシピが載っているし。ただし食材が入手不可能なので、実用性はありません。

舞台となるのは、定番のファンタジーRPG的な世界です。その中でも、わりとクラシックと言えるWizardry的な世界です。ダンジョンにしても、ずっと洞窟が続いているのではなくて、あるフロアは地下の墓地だったり、また別のフロアでは地下なのに森林があったりとWizardry的です。しかも冒頭で、1千年前に滅びた国の王様が地下から現れ「狂乱の魔術師によってその国は今も囚われている。魔術師を倒してくれたら、国をやる」と告げてたりします。TreborとWerdnaを想起せざるを得ません。俺、Wizardryシリーズは大好きなので、とりあえずこの最初だけで、この作品は当たりだと感じました。

主人公のパーティ一行はダンジョンの深いところで、ドラゴンに出くわします。不幸が重なり、空腹状態で戦闘になった結果、全滅の危機に瀕しますが、主人公の妹が転移魔法(MALORだね)をかけてくれたおかげで、彼女以外は地上に戻ることができました。しかし、妹本人はドラゴンの餌になってしまいます。彼女がドラゴンに消化されてしまう前に、もう一度ダンジョンの最深部に行ってドラゴンをやっつけ、妹を助け出すというストーリーです。

ドラゴンはあまり動かないので、代謝もゆっくりで、喰われた妹もすぐには消化されることはないという理屈により、多少の時間の余裕はありますが、それでもなる早でドラゴンを倒すことが要求されるわけです。そもそもで貧乏なパーティなのですが、時間をかけて金を貯めて、装備や食料を充実させることもできません。なので、地上で食料を買ってダンジョンに潜るのではなく、ダンジョン内を跋扈するモンスターを食べるという作戦をとることに。だから「ダンジョン飯」というわけですね。

食材となるモンスターは、歩くキノコ、人喰い植物、バジリスクと徐々に難易度が上がっていきますが、本巻のラストではついに「動く鎧」も食材になります。無生物じゃん、金属じゃんと思いますが、ちゃんと食べられてます。


何度も書いているように、Wizardry的なファンタジー世界が舞台ということで、Wizardry好き(含む俺)にはこれだけでヒットでしょう。またいろいろと細かい部分まで設定が練られており、こりゃ上手いわあと思わされることしきりです。前述の動く鎧の正体とか、バジリスクの倒し方とか、犬を殺さずにマンドレイクを引き抜く方法とかとか、ファンタジー世界の定番ネタを知っている人なら(・∀・)ニヤニヤできます。

本作はRPG好きなら、特にWizardry好きなら読まねばなりません。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (2) ―Time to Play― (下)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (2) ―Time to Play― (下) (電撃文庫)男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、
年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (2)
―Time to Play― (下)
(電撃文庫)

(2014/03/08)
時雨沢 恵一


タイトル長っ!

「キノの旅」のシリーズを書かれている時雨沢恵一先生の新しいシリーズ。イラストもキノの旅と同様、黒星紅白先生というガチで鉄板な作品。

こちらの作品は、各章の冒頭で主人公(高校生ラノベ作家にして、デビュー作が大ヒットしてアニメ化されてる)が、新人声優(主人公のクラスメイトでデビュー作のアニメに出演中)に首を絞められている描写が入っています。下巻なので、その理由が明らかに。

上巻ではヒロインの娘は「訳あり」っぽい描写がされており、ラノベに慣れた読者ならその正体も何となく見当がつくと思っていました。正体については、俺の予想も当たっておりましたが、首を絞めていた理由は… ああ、これは仕方ないですね、首を絞められても。仕方ない……

上巻を読んだ時、これはおもしろい小説であると同時に、小説家を志すワナビー(良い意味でな)へのチュートリアルだなあと感じました。下巻でもまったく同様な印象を持ちました。下巻ではなかなか知ることのできない「お金」の話とか、重版するかどうかを誰が決めるのかとか、初版の冊数の決まり方とか、非常に生々しいトピックが満載でした。

上下巻できちっと話がまとまっているので、これで完結かと思っていましたが、時雨沢恵一先生のTwitterアカウントに「6月10日タイトル長いの3巻!」と書いてありました! 続くみたいです。楽しみ。





【関連記事】
男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上)
キノの旅 XVI
キノの旅 XV
キノの旅 XIV
キノの旅 XIII


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。