スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタル・フルムーン 第三訓 星に願ってはいけません

レンタル・フルムーン〈3〉第三訓 星に願ってはいけません (電撃文庫)レンタル・フルムーン〈3〉第三訓 星に願ってはいけません
(電撃文庫)

(2010/06/10)
瀬那 和章



たくさんの「世界」があって、それぞれを神様が管理している世界でのお話です。ただ、この世界を担当している神様は、何かとてもゆるーい感じw 世界は完全なものではないので、しょっちゅうほころび的なものが生じます。それを修繕しつつ,物語を本にするのがヒロインのお仕事、主人公はほころびを見ることができるので、ヒロインのお手伝いをするという関係。

この巻では、アシスタント的な小動物キャラが「家出」してしまい、何とか彼女を戻すために、ヒロインと主人公がいろいろと奮闘するストーリーです。それぞれのキャラが相手のためを思っての行動をとりつつ、思いを言葉にしなかったためにすれ違いが生じてしまいます。黙ってても分かりあえる、なんてのは間違いで、ちゃんと気持ちを言葉にしなきゃ伝わらないよねーと、まあ実生活にも反映しそうなストーリーです。

これまで同様に、残念な感じのキャラクターが繰り広げるゆるいストーリーですが、だがそれがいい、です。


レンタル・フルムーンを全巻揃えとく


【関連記事】
レンタル・フルムーン 第二訓 良い関係は良い距離感から
レンタル・フルムーン 第1訓 恋愛は読みものです



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

桐咲キセキのキセキ

桐咲キセキのキセキ (GA文庫)桐咲キセキのキセキ
(GA文庫)

(2010/09/15)
ろくごまるに



表紙でチェーンソー持っているのがヒロインですが、チェーンソーはあんまり出てきませんw 絶大な権力と財力を持った、桐咲家。主人公は、現当主のボディーガード的な立場、ヒロインは、桐咲家の次期当主候補。次期当主を決めるため、現当主の指示のもと当主候補たちが、さまざまな条件下でバトルを繰り広げてます。戦闘だけじゃなく、頭脳戦的なものもあります。

1巻は、大きな絵の部分部分を少しずつ見せられた感があります。さまざまな伏線が張られたところで、いろいろと謎が残ってます。そういう構成の割に読みやすいのは、けっこうベテランのろくごまるに先生ならでは、という感じ。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

緋弾のアリアVIII 螺旋の天空樹

緋弾のアリアVIII 螺旋の天空樹(トルネード・ハイ)緋弾のアリア VIII
螺旋の天空樹(トルネード・ハイ)

(2010/12/21)
赤松中学




武力を行使できる探偵=武偵の学校が舞台のお話。主人公の遠山キンジをはじめとして、キャラクターは古今東西の有名どころの子孫が多いです。ヒロインも、イギリスの著名な名探偵の子孫ですし。

表紙のキャラは誰だ? と思ったら新キャラでした。イギリスの著名な名探偵(くどいw)といえば、常に相棒がいるわけですが、その関係者ですw この表紙のおかげで、ストーリーの前半でこのキャラクターが抱える秘密は、読者には筒抜けになっておりますw

前の巻の最後で、人外ぽい組織が大量に登場してきましたが、その連中が今回も登場しています。何か、ものすごい大風呂敷が広がった感ありますw 主人公とそのお仲間たちも、彼らの戦いに巻き込まれていきます。だけど、敵方は基本人外なので、現状では主人公はまったく太刀打ちできない感じですw これから主人公が戦いの中で成長して、多くの敵と戦って大団円を迎えるとなると、けっこう長丁場なお話になりそうなヨカーン。

ラノベですからしょうがない気もしますが、主人公はやばいほど朴念仁です。そしてヒロインは、誰がどう見てもアニメ化したら釘宮理恵が中の人だろう的なキャラクターで、当然ツンデレなわけですが、この巻ではかつてないほどデレてます。もっともこれは、主人公が朴念仁であるがゆえのちょっとした誤解が原因なので、これが元になって後々揉める感じがしますw


緋弾のアリア を全巻揃えとく


【関連記事】
緋弾のアリア VII
緋弾のアリア VI
緋弾のアリア V
緋弾のアリア IV



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。




テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。