スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wandervogel 2

Wandervogel 2 (ガガガ文庫)Wandervogel 2
(ガガガ文庫)

(2011/01/18)
相磯 巴



日本的なコンピューターRPGの世界が、そのままラノベになったような感じのお話。主人公は普段は虚弱体質なんだけど、どうも隠された力がある的な感じw エクスカリバー的な剣を引き抜いたりもしますし。

1巻では自然あふれる世界が舞台でしたが、2巻ではちょっとばかし退廃的な感じの人工的な世界が舞台になってます。世界の間の遷移には、これまたオーバーテクノロジー的なブツが登場したり。あと、ちょっとやばそうな敵も出てきます。けっこう大風呂敷広がってきたなあ。


【関連記事】
Wandervogel



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

おおかみかくし 2

おおかみかくし 2 (ガガガ文庫)おおかみかくし 2
(ガガガ文庫)

(2010/09/17)
政木 亮



TVアニメ化、ゲーム化されたメディアミックスな作品のノベライズ。とはいえ、そのどちらとも異なるオリジナルのストーリーです。昭和の時代、とある近郊の街で「神人(かみびと)」と「神堕人(おちびと)(こちらは一般の人間のことですが)」の間に起きる悲劇に関するお話というのは共通ですが、少しずつ異なるストーリーが展開します。このへんは、同じ原作者さんの「ひぐらしのなく頃に」と共通したフォーマットですね。

この2巻は、まあ一言で言えば、バッドエンドw 最終巻の 3巻 がすでに発売されていますが、こちらはどうなんだろう…



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ダンタリアンの書架 4

ダンタリアンの書架4 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架4
(角川スニーカー文庫)

(2010/01/01)
三雲 岳斗



危険な書物「幻書」をめぐるお話です。とても大きな力を持つ幻書は、人々を惑わしたり、その人生を狂わせたりします。その幻書を納めるダンタリアンの書架の管理者、黒の読姫「ダリアン」がヒロインです。ダリアンは胸元に錠前がついており、主人公が所有する鍵でその錠前を解錠すると、「ダンタリアンの書架」から「幻書」を取り出せるというイメージ。

5つの短編と2つの掌編が収録されています。今回は「幻曲」という聞くとヤバい音楽のお話などもあります。また、「銀の読姫」が再登場するお話も。銀の読姫のイカレ具合も良いですw

3巻の書評の時に、メディアミックスでウハウハだねとか書いたのですが、本当にアニメ化されるみたいですね。ダリアンを演じるのは、沢城みゆきさんだとか。ん、かなりイメージぴったり。あのちょっと低めの声で罵倒されたら、悶絶する香具師が大量発生でしょうw


【関連記事】
ダンタリアンの書架 3
ダンタリアンの書架 2
ダンタリアンの書架 1


ダンタリアンの書架を全巻揃えとく



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。