スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星刻の竜騎士 3

星刻の竜騎士 3 (MF文庫J)星刻の竜騎士 3 (MF文庫J)
(2011/01/21)
瑞智 士記



ドラゴンが出てくるファンタジー系のお話です。ファンタジーな世界観ですが、機械の文明を持つ「帝国」とかもあったりします。ヒロインは人間の姿をしていますが、ドラゴンです。しかもストーリーに登場する他のドラゴンたちの態度を見るに、かなりやんごとなきドラゴンぽいです。

この巻では、エルフもといエクブラッド人のキャラクター(表紙の娘)が登場します。「森の妖精」と呼ばれる美貌を備え、耳がとんがっていたりするところは、まんまエルフですが、多くの竜騎士を輩出する戦闘民族というところが、エクブラッド人なのかもw

人間の姿をしたドラゴン(今のところヒロインしか該当しませんがw)は、角が性的弱点(デビルーク星人のしっぽみたいなものw)ということが明らかになったり、合宿のお話なので水着シーンがあったり、相変わらず微エロ風味ですw

敵方のボスが、どうもいわくありげですが、どんな感じの「いわく」なのかがだんだんと見えてきます。その辺は、4巻 で明らかになるんですけどね(もう4巻も読み終えてますw)。


【関連記事】
星刻の竜騎士 2
星刻の竜騎士 1


星刻の竜騎士を全巻揃えとく



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

付喪堂骨董店 7“不思議”取り扱います

付喪堂骨董店〈7〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈7〉―
“不思議”取り扱います
(電撃文庫)

(2010/03)
御堂 彰彦



さまざまないわくつきの品物(このお話では「アンティーク」呼ばれます)を扱う骨董品屋さんが舞台のお話です。5巻までは、短編形式でしたが、6巻とこの7巻は一続きの長いストーリーになっています。

これまで仲良くやっていた主人公、ヒロイン、そして付喪堂の店主ですが、なんとこの巻では店主がヒロインの命を狙う展開に。これまで出てきた様々な「アンティーク」を駆使して、ヒロインの命を狙う店主と、守ろうとする主人公が闘うことに。5巻までいろいろと謎だったことが、6巻で少しずつ明らかになり、この7巻ではすべて綺麗にカタが付いています。

ある「アンティーク」の効力によって、主人公たちは同じ時間軸を何度も繰り返していきます。あれ? これって 魔法少女まどか☆マギカ と同じじゃん…… て、むしろ順番からしたら、付喪堂骨董店のほうが先ですけどねw 主人公のとった「解決策」は、なかなか衝撃的でした。これはこれでアリですけどね。最初のころはシニカルなエピソードとラブコメ話でしたが、ラスト2巻はがらりと雰囲気を変えて、重めの話になりました。すげー良かったわ。


【関連記事】
付喪堂骨董店 6“不思議”取り扱います
付喪堂骨董店 5“不思議”取り扱います
付喪堂骨董店 4“不思議”取り扱います
付喪堂骨董店 3“不思議”取り扱います


付喪堂骨董店を全巻揃えとく



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

魔王なあの娘と村人A―幼なじみは勇者です

魔王なあの娘と村人A―幼なじみは勇者です (電撃文庫)魔王なあの娘と村人A―
幼なじみは勇者です
(電撃文庫)

(2011/05/10)
ゆうき りん



ファンタジー系RPGの登場人物、戦士、魔法使いといったキャラクターを育成する学校が舞台のお話です。このお話では、「テイル・ユニバース」なる多次元の物語世界があり、育成されたキャラクターたちが物語世界に派遣されてストーリーを創り上げていくという仕組みみたい。このお話を創り上げていくキャラクターたちは、こちらの世界では《個性者》と呼ばれ、特別公務員という身分が与えられるという、まあエリートですね。一般人と《個性者》は対立しているわけではありませんが、《個性者》にとって一般人はほぼ路傍の石ですね。

主人公も一応《個性者》だけど、「村人」ですw 村人にも一応特性がありますが、それは「人から質問されたら、必ず本当のことを答える」というものですw おもろいなこの設定w つまりは、主人公の勇者ご一行と話をして、ヒントを与える役目ということです。そして、新たに転校してきたヒロインの個性は、《魔王》です。《魔王》ですから、「あ~、人類滅ぼしたい…」とか独り言つぶやいたりしますw 当然世界を破滅させるべく行動するわけですが、その行動がかなり微妙です。天然ちゃんなのかも…… 他に主人公の幼馴染として、《勇者》の個性を持ったキャラクターも出てきたりします。

当然RPGの中では、勇者=善、魔王=悪ではありますが、彼らを現実の世界に置いてみると、その辺の判断が微妙になってきます。たとえは勇者は、他人の家に入り込んで引き出しやら何やらあさりまくります。ほとんど泥棒ですw このお話でも《勇者》のほうがむしろ悪者っぽい感じですw そして《魔王》は天然ちゃんw

まだ続きのストーリーがありそうな感じがします。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。