スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週買ったラノベ

微妙にKO nozamAしつつ電撃文庫を5冊ほど。

アクセル・ワールド〈10〉Elements (電撃文庫)アクセル・ワールド〈10〉Elements (電撃文庫)
(2011/12/10)
川原 礫


アクセル・ワールドソードアート・オンライン は、両方ともアニメ化だそうですね。すげー。

【関連記事】
アクセル・ワールド 7 災禍の鎧
アクセル・ワールド 6 浄火の神子
アクセル・ワールド 5 星影の浮き橋
アクセル・ワールド 4 蒼空への飛翔
アクセル・ワールド 3 夕闇の略奪者
ソードアート・オンライン 7 マザーズ・ロザリオ
ソードアート・オンライン 6 ファントム・バレット
ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット
ソードアート・オンライン 4 フェアリー・ダンス
ソードアート・オンライン 3 フェアリー・ダンス
ソードアート・オンライン 2 アインクラッド
ソードアート・オンライン 1 アインクラッド


C3‐シーキューブ〈13〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈13〉 (電撃文庫)
(2011/12/10)
水瀬 葉月


アニメ最終回は、いかにも続きがありそうげな感じでしたが、はたして第2期あるんでしょうか?

【関連記事】
C3 シーキューブ 10
C3 シーキューブ 9
C3 シーキューブ 8
C3 シーキューブ 7
C3 シーキューブ 6
C3 シーキューブ 5
C3 シーキューブ 4


魔法科高校の劣等生〈4〉九校戦編〈下〉 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈4〉九校戦編〈下〉 (電撃文庫)
(2011/12/10)
佐島 勤



サイハテの聖衣(シュラウド) (電撃文庫)サイハテの聖衣(シュラウド) (電撃文庫)
(2011/12/10)
三雲 岳斗


ストライク・ザ・ブラッドとかダンタリアンの書架を書かれている三雲岳斗先生の作品なので、当然筆者買い。しかし、聖衣を「シュラウド」とはなかなか読めないですね。古くからのヲタなので「クロス」としか読めませんw

探偵失格―愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス (電撃文庫)探偵失格―愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス (電撃文庫)
(2011/12/10)
中維



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

アイドライジング! 2

アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)アイドライジング!〈2〉
(電撃文庫)

(2011/06/10)
広沢 サカキ



第17回電撃小説大賞の「金賞」受賞作品、2巻目になります。女の子が「バトルドレス」をまとって、バトルするお話。プロレス的にショーアップされた「アイドライジング」というバトルで、アイドル同士がバトルを繰り広げます。バトルドレスには、各スポンサー企業のテクノロジーが投入されており、アイドライジングは技術のショーケースでもあるわけです。

この巻は、主人公のJKとそのライバルの娘が組んで、双子姉妹(どちらも巨乳)のヒールとタッグマッチで対戦します。タッグマッチは相棒と息があったコンビネーションが必要になりますが、ライバルの娘は主人公を目の敵にしており、コンビネーションプレイなど望むべくもありません。一戦目には双子姉妹に完敗し、リベンジのために特訓を…… というストーリーです。

主人公は天然ちゃんで本当に良い娘で、ライバルの娘とも仲良くしたいのですが、ライバルはツンデレちゃんなので、なかなか仲良くなれません。とはいえ、ラノベではよくあるパターンのことをきっかけに、打ち解けるんですけどね。

「金賞」受賞は伊達じゃないですね。この2巻もとってもおもしろく読めましたです。

【関連記事】
アイドライジング!


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ドラゴンライズ 双剣士と竜の嘘

ドラゴンライズ (ガガガ文庫)ドラゴンライズ
(ガガガ文庫)

(2011/09/17)
水市 恵


時間商人シリーズを書いておられた水市恵先生の新しいシリーズ。現代が舞台だった時間商人とガラリと変わって、剣と魔法のファンタジー世界が舞台のお話です。このお話では、竜と人は争ってます。といっても竜の力は絶大なので、一般人は竜が襲ってきたらひとたまりもありません。何とか竜と戦える剣士や魔法使いが集った「ギルド」が街にはあって、竜の襲撃に備えています。そんなギルドの中で、わずか3人と小規模だけど竜退治の実績は抜群のギルド・クライズのメンバー、剣士の姉と魔法使いの姉、そして後から加わった半人前剣士を中心に、ストーリーが進んでいきます。

タイトルの「ライズ」はriseではなく、liesなのですね。嘘がポイント。上記の3人の説明にも嘘が含まれているくらいですし。

竜が人間を襲うのにも理由があります。その理由に関わる竜と人との争いが動いていく感じ。最初の巻は、とてもおもしろく読めました。時間商人はとてもお気に入りなので、筆者買いをしたわけですが、大正解でありました。

【関連記事】
時間商人 トキタの死期、カナタの思恋
時間商人 トキタと命の簒奪者たち
時間商人 不老不死、二度売ります
時間商人 不老不死、売ります



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。