FC2ブログ

ダンタリアンの書架 2

ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)
(2009/01/01)
三雲 岳斗



ヒロインは、ちょっと翠星石に似てるw




危険な書物「幻書」をめぐるお話です。とても大きな力を持つ幻書は、人々を惑わしたり、その人生を狂わせたりします。その幻書を納めるダンタリアンの書架の管理者がヒロイン、主人公は書架のを開ける鍵の所有者という関係です。ダンタリアンの書架は「壺中天」、すなわち壺の中に封印された異界の図書館であり、九十万と六百六十六の幻書を封印しているという。はい、大好きです、こういうケレン味にあふれた表現w

1巻と同様、この巻も5つの短編と、より短い2つの断章が収められています。ラストの短編では、幻書が生まれるプロセスが描かれています。この巻も実に良いですねえ。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード