FC2ブログ

BIG-4 ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。

BIG-4 ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。
BIG‐4  ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。 (富士見ファンタジア文庫)BIG‐4
ぼくの名前は山田。
目覚めたら四天王になってました。
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/11/19)
大楽 絢太


普通のDKが、なぜか魔王軍の四天王の1人に選ばれ、人類抹殺w に向けてがんばるというお話です。「四天王」という名称も最近は、「○○がやられたようだな」から始まるあのテンプレートのおかげで、すっかりネタと化しておりますが、このお話でさらにネタ化が進みますねw

主人公の苗字は「山田」、人間界でも数の多いものです。これが魔界の四天王として加わっているのが、妙におかしいです。他の四天王と並べると、

アーディンブルグ(魔力530000)
ヴォルフォレカ(魔力530000)
イグナレス(魔力530000)
山田(魔力7)

明らかに異質だろうw 気がつけよって感じです。ていうか、主人公弱すぎw

魔界の四天王となってしまった主人公の山田は、魔王軍の「人類抹殺計画」の進行を手助けします。計画が最終段階に到達すると、現在は眠っている魔王が出現しますが、それを倒すことで魔族が消滅し、人間界は平和になり、山田は元の生活に戻れるという段取りのようです。というわけで、とりあえず人類抹殺計画を進めるのが主人公の目標となるわけですが、四天王の残りのメンバーは計画を進める気がまったくないように見えます。人間界から流れ着いたファミコン(いまどきw)にはまる魔王軍の四天王てw

何で山田が四天王になったのか、何で魔族に人間であることがばれないかなど、いろいろな謎が特に説明されないままです。きっと2巻以降でそれが明らかになっていくんでしょう。これはWKTKですね。

この作品もラノベ界の今年のトレンドである、非日常な舞台で繰り広げられる日常系、というわけですね。



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード