スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンライズ 2 反逆者と竜の嘘

ドラゴンライズ 2 (ガガガ文庫)ドラゴンライズ 2
反逆者と竜の嘘
(ガガガ文庫)

(2012/02/17)
水市 恵


剣と魔法のファンタジー世界を舞台に、竜と人が争っているお話です。争うと言っても、人間から見て竜は桁外れに強いので、竜と闘える人間は一部の剣士や魔導師だけです。また非常に人数は少ないですが、竜の侵入を完全に防ぐ「対竜結界」を張れる「結界師」も存在します。実際、王都は複数の結界師が交替で結界を張り続けることで、竜の侵入を防いでいます。

主人公(実は竜人)と剣士と魔法使いの姉妹は、ある田舎で発見された結界師の素質がある少女を王都まで護衛するため、旅をしています。竜にとって結界師の存在は厄介なので、当然一人前になる前に始末をつけようと襲ってくるわけですが… この巻では、元結界師と名乗る新キャラが、主人公一行の道中に同道します。どうも訳アリっぽいキャラクターなのですが、終盤でその「ワケ」が明らかになってΣ(´∀`;)びっくり。タイトルの「ライズ」はriseでなくlies、すなわち嘘。関係者がそれぞれ嘘を抱えつつ、話が進んでいきます。

今回主人公一行は、敵を欺くために二手に分かれて行動し、そのどちらも戦闘シーンに突入してしまいます。こういう2つの緊迫したシチュエーションが並行するお話は、両方の緊張を保って読ませるのはけっこう難しいものです。この本は、その辺りが非常にうまく書かれております。ストーリーが盛り上がっているところで、意識的に場面を切り替えている感じ? こういうのって、細かいことだけど、読みやすさにつながるポイントです。

1巻同様、この巻も良かった! そしてヒキで思いっきりピンチになっているので、早く続きを読みたいっす!


【関連記事】
ドラゴンライズ



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。