スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 2

アウトブレイク・カンパニー~萌える侵略者2 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー
萌える侵略者 2
(講談社ラノベ文庫)

(2011/12/28)
榊 一郎


講談社ラノベ文庫の創刊ラインナップの1冊となったお話の続刊です。リアル世界(ただし日本でなくニッポンw)が富士の樹海辺りで中世ぽいファンタジー世界と繋がってしまいます。ニッポン政府は、武力で侵略はできませんし、経済システムがあまりにも異なっているので、経済的に支配することもできません。そこでアニメやラノベといった文化をたくさん紹介しまくって、文化的に侵略してしまおうと企みます。で、対外的なトップに、ニートの主人公を任命するとw もういざとなったら切って捨てられるという理由で選んだのがモロ分かりですねw

アウトブレイク、すなわち爆発的感染とはいったい何のことかと思ったら、一般的な娯楽に乏しい中世的世界にオタ文化を持ち込んだら、あっという間に広まったということのようです。ドワーフとかエルフとか、ファンタジー世界の住人たちが、ヲタネタを語り合うというのはなかなかシュールですねw

この巻では、「大人」たちが「文化的侵略」であることを隠さなくなっています。これまで、良かれと思ってアニメやラノベを紹介していた主人公ですが、自分が実は侵略の片棒担いでというか先頭に立っていたことにやっと気付きます。分かってなかったのは、主人公だけなんすげとねw まあそれでも、異世界の人々の信頼が厚いこともあり、主人公、わりとうまく切り抜けます。

ファンタジーぽい世界を舞台にしつつ、リアルの経済やら何やらを反映しているとこが、おもしろく読めますねー。


【関連記事】
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者



RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。