FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンデモニウム ―魔術師の村― 1

パンデモニウム ―魔術師の村― 1 (IKKI COMIX)パンデモニウム
―魔術師の村― 1
(IKKI COMIX)

(2014/01/30)
柴本 翔


冒頭で、重そうな箱を背負って旅する主人公の男が中途で力尽きますが、そこである「村」の人々に救われます。その村こそ男の旅の目的地で、訳ありな場所です。狐っ娘ぽいけど、鳥のような手足を持つヒロイン(表紙画像の右側)を始めとして、村人は異形です。外界の人々は、この村の人々が魔術的な力を持つと信じており、主人公もその魔術的な力による救いを求めてはるばる旅をしてきました(ということになっている)。

村人が異形でさらに妖しい力を持つと外部からは思われている村ですから、当然閉鎖的で、主人公が滞在することも歓迎はされません。ですが、主人公は空気読まずに滞在を続け、その結果いろいろと問題が起きて… という感じです。

「パンデモニウム ―魔術師の村―」は、小学館の WEBイキパラCOMIC というサイトで連載されていたものです。Webコミックというやつですね。第1巻の発売に伴い、いくつかのパートが公開終了になっています。現在閲覧できるのは、第1巻の前半分に相当するchapter 1~3、2月末発売予定の第2巻の最初になるchapter 7と8、そして最終話のchapter 12です。第2巻では、村の秘密や主人公の本当の目的といったあたりが明らかになっていきます。

まずはchpater 1~3を読んでみて、気に入ったら速攻で本を買い、読み終わったら、chapter 7と8を読んで、第2巻の発売をWKTKしながら待つ、というのが正しい流れかと。なお英訳版は、2月2日の午前1時の時点で、まだすべてのchapterが閲覧できます。こちらを読むというのもありですね。

現状では多くの出版社が、無料で読めるWebコミックのサービスを始めておりますが、正直なところ、作品は玉石混交です(それは紙の雑誌でも同じか)。その中で「パンデモニウム ―魔術師の村―」は、とびきり上等の「玉」でした。Twitterでものすごく褒めてる人を見かけて、読んでみたのですが、正解でした。

ケモナーの皆様には素晴らしいご馳走となる絵柄ですが、ケモナー属性を持ってない方にもマジお勧めです。


RSS
仕事の都合で時々更新が滞ります (-_-;) ので、
RSSリーダーに登録しておくと、便利かもしれません。
俺のお勧めは ライブドア・リーダーです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

otannex

Author:otannex
ヲタなんですよ、これが。

密林
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
密林
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。